インプラントの基礎知識

インプラント治療の流れ

1.診査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さまに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

診査と治療計画

2.一次手術

一次手術
インプラントは二回の外科手術を行います。
一回目の手術では歯茎を切り開き、あごの骨を削ってそこにインプラントを埋め込みます。
手術時間はだいたい1~3時間ほどですので、その日のうちにご自宅にお帰りいただき、すぐに普段の生活に戻っていただけます。

3.治療期間

治療期間
一次手術後、3~6ヵ月後の治療期間をおくことでインプラントと骨が強い力で結合
します。これをオッセオインテグレーションと呼びます。
この期間に、仮の歯を使用できる場合もありますので、医師にご相談ください。

4.二次手術

治療期間
再び歯ぐきを切り開いて、インプラントの上に人工の歯を取り付けるための土台(アバットメント)を設置する手術をします。この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。

5.人工の歯を作製・装着

人工の歯を作製・装着
歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さまに合わせて作製し、アバットメント(土台)に取り付けます。
人工の歯は図のようにスクリューやセメントで固定します。

6.メンテナンスと定期検診

メンテナンスと定期検診
インプラントで治療した部分に限らず、お口の中は常に衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。
インプラント治療
インプラント治療の流れ
インプラント治療Q&A
インプラント治療の歴史
近代インプラント治療のルーツ
インプラントNEWS

著書紹介

^