お問い合わせ
診療案内
診療案内

一般歯科

保険で行う虫歯治療や根の治療、詰め物、被せ物治療など

急な歯のトラブルにも対応します

むし歯の治療風景
一般歯科では、虫歯や歯の痛みに対する治療、保険の詰め物や被せ物、差し歯などの治療を行います。歯のトラブルは急に起こるものです。異常が現れたら早めに対処することで、最悪の状態を回避できますので、なるべく早めにご連絡をください。

虫歯治療

軽い段階なら簡単な治療で治せます

むし歯の治療風景

虫歯というと、「痛い」、「穴があく」、というようなイメージがあるかもしれません。でも、虫歯で痛みが出ている、もしくは穴が見えている状態というのはかなり進行した状態です。

虫歯の治療は進行の程度によって治療方法が異なります。また、どの段階で治療を行うかによって、歯の寿命というのにも関係してきます。

虫歯は進行性の病気です。痛みを少なく、そしてできるだけ歯を長持ちさせるためにも、できれば、「痛くなってから歯医者に行く」のではなく、定期的に虫歯がないかどうかをチェックし、異常があれば早めに対処をしていくことをおすすめします。

虫歯の進行度と治療法

虫歯は初期のうちに治せば簡単な治療で、早く終わります。一方、進行すればするほど、歯へのダメージが広がり、治療が大変になります。

CO(シーオー):要観察歯

CO(シーオー)
虫歯のごく初期の段階で、歯の表面が溶け始めて白く濁っている状態です。まだ穴はあいておらず、痛みもありません。
治療法
歯磨きの徹底や、フッ素塗布をすることで自然治癒が可能です。この段階では削らずに経過観察を行います。
次のステップ

C1(シーワン):エナメル質の虫歯

C1(シーワン)
歯の再表層であるエナメル質に穴があき始めた状態です。この段階でもほとんど症状はありません
治療法
この段階になると、自然治癒が見込めないため、虫歯を削って詰める治療が必要になります。通常は歯科用プラスチックを詰める治療で、麻酔なしで痛みもほとんどなく、短時間で終わります。
次のステップ

C2(シーツー):象牙質のむし歯

C2(シーツー)
エナメル質の内側にある象牙質に虫歯が達した状態です。甘いものや冷たいものでしみることがあります。
治療法
虫歯を削って取り除き、虫歯の大きさに応じて歯科用プラスチックを詰めるか、型取りをして、銀歯やセラミックなどで補います。多くの場合、虫歯を削る際に麻酔が必要です。
次のステップ

C3(シースリー):神経に達する虫歯

C3(シースリー):神経に達する虫歯
虫歯が歯の中心部にある神経に達すると、強い痛みが出てきます。
治療法
麻酔をして神経を取り除く治療が必要です。
次のステップ

C4(シーフォー):歯がほとんど崩壊した状態

C4(シーフォー):歯がほとんど崩壊した状態
虫歯で歯が大きく破壊され、歯根のみ残っている状態です。神経は死んで痛みを感じなくなりますが、歯根に膿を溜めると再度痛みを起こします。
治療法
多くの場合抜歯になります。その後はインプラントや入れ歯、ブリッジなどで歯を補います。

根の治療(根管治療)

神経の治療、歯根に溜まった膿を取り除く治療

根の治療
根の治療は、虫歯がひどくなって神経に達した場合や、神経を取った後にしばらくしてから歯根の先端に膿が溜まった状態に対して行われる治療です。根の治療を行うことにより、大切な歯を抜かずに残していくことが可能になります。

根の治療の回数や痛みについて

回数
根の治療の回数は通常、2回〜数回といったところです。ただし、根の中の状態があまり良くない場合や、根っこの形が複雑な場合などでは稀に長期間の治療となる場合もあります。

痛み

神経を取る治療の場合、麻酔を十分に効かせて行いますので、通常は痛みを感じることはほとんどありません。ですが、非常に炎症が強い場合や、麻酔が効きにくい場合には痛みを感じることもあります。

歯根の先端に膿が溜まっている場合の根の治療では、中の神経はすでに処置されているため、痛みを感じることは通常はありません。ですが、神経の取り残しがある場合には痛むことがあるので、その際には麻酔を行います。

また、根の治療後は麻酔が切れた直後や、奥の膿が出る圧力により痛みを感じることがあります。その場合には鎮痛剤を服用していただきます。

詰め物・被せ物・差し歯治療

虫歯などで失われた部分を保険の材料で補います

詰め物・被せ物・差し歯治療
一般歯科では、虫歯などで失われた歯質を保険の材料を使って補い、見た目の回復、噛む機能の回復を行います。
一般歯科で使われる材料

一般歯科で使われる材料は保険適用のものです。保険診療で使われる材料は、歯科用プラスチック(レジン)、保険用の金属(金銀パラジウム合金など)に限られます。

保険がききますので、安価で治療ができる一方、見た目に十分満足が得られないケースや、治療箇所が長持ちしない場合があります。

より良い材料で治療をご希望の方は、セラミックなどの審美歯科の材料での治療も可能ですので、興味のある方はご相談ください。

診療案内
  1. 予防歯科
  2. 訪問歯科
  3. 一般歯科
  4. 歯周病
  5. 矯正歯科
  6. 小児歯科
  7. ホワイトニング
  8. 審美歯科
  9. かみ合わせ
  10. 顎関節症

お知らせ


ホームページをリニューアルしました