お問い合わせ
診療案内
診療案内

ホワイトニング

歯のホワイトニング

ご自分の歯そのものを白く蘇らせる歯科医院のホワイトニング

ホワイトニング

「昔は歯が白いのが自慢だったのに、だんだん歳をとるにつれて白さが失われてきた」、という方はいらっしゃいませんか。歯というのは日々飲食物や歯磨きなどの刺激を受けています。それゆえ、歳を重ねるにつれだんだんと色が変わってきてしまうのは仕方のないことです。

もしくは、もともと歯の色が黄ばんでいることがコンプレックスな方もいらっしゃるかもしれません。

でも、現在の歯科医療では、歯を削って被せる、というようなことをしなくとも、ホワイトニングという技術で、歯を削らず、安全に白くすることができます。

歯科医院の歯のホワイトニングとは

ホワイトニング

歯を白くする治療法といっても、いくつか方法があります。歯を白くする方法には、歯を削ってセラミックなどをつける方法、歯の色にマニキュアのように色を塗る方法、ホワイトニング歯磨き粉の研磨剤成分で歯が削られて白くなる方法、といったものもありますが、本当の意味で、歯そのものを白くすることができる治療法というのは、歯科医院で行うホワイトニングだけです。

歯科医院で行う歯のホワイトニングは、専用のホワイトニング剤を使用して歯そのものの色を白くしていくというものです。このホワイトニング剤は歯科医院でしか使用することができないため、市販のものや美容サロンで行うものとは全く別物であり、効果もそのようなものとは大きな差があります。

ホワイトニングはこんな方にオススメです

加齢と共に黄ばんできた方

歯の色は加齢と共に黄ばんできます。その理由として、歯の内部にある黄色っぽい象牙質がだんだんと厚みを増してくること、歯の表層にあるエナメル質がだんだんと薄くなること、そしてエナメル質の亀裂に色素が入り込んでしまうことなどが挙げられます。

歯科医院で使用するホワイトニング剤は、着色成分を分解し、歯の表面の構造に作用しますので、歯を白く見せることができます。

色の濃いものをよく口にする方

口にする飲食物の色も歯の着色に大きな影響を与えます。例えば、紅茶やコーヒー赤ワインのような色の濃いものをよく口にする方はすぐに着色しやすいですし、ケチャップやカレーライス、しょうゆといったものも歯に着色しやすい傾向があります。

通常、このような飲食物による着色の場合、歯のクリーニングである程度除去することが可能ですが、エナメル質の亀裂などから内部に入り込んでしまった着色成分は、クリーニングだけでは落としきれないことがあります。そのような場合にホワイトニングにより歯を白くすることができます。

テトラサイクリンによる軽度の変色がある方

薬物などの影響で歯の色が変色してしまうことがあります。代表的なものとして、「テトラサイクリン歯」というものがあります。これは、幼少期に服用した、テトラサイクリン系の抗生剤の副作用により、歯の色が全体的にグレーや茶色っぽい縞模様として現れるものです。

これは歯の内側にある象牙質の部分に着色しているため、歯磨きやクリーニングで落とすことはできません。ですが、軽度のものであれば、ホワイトニングを行うことによってかなり目立たないようにすることができます。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング
歯科医院のチェアーで、高濃度のホワイトニングジェルと特殊なライトにより歯を白くしていきます。即効性があり、1回〜数回の施術で歯をご希望の白さにすることができるので、早く白くしたい方にオススメです。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング
ご自宅で、ホワイトニングトレーというマウスピース状のものに低濃度のホワイトニングジェルを入れて行っていただく方法です。ご自分のペースでゆっくりと白くしていきたい方、知覚過敏が気になる方にオススメです。

ホワイトニングのメリット・デメリット

メリット
  • 歯を削らずに白くできる
  • 歯にダメージを与えない
  • ご自分の好きな白さに調整することができる
デメリット
  1. 保険がきかない
  2. 月日が経つと、だんだんと白さが失われていく

ホワイトニングの美しさを保つために

ホワイトニングでは歯を白くすることができますが、だんだんと月日が経つにつれ、色が後戻り現象を起こし、白さが失われていきます。そのため、当院では、白さを長くキープしていただくために、半年に一度、ホワイトニングのリタッチをオススメしています。
詳しくはお気軽にお尋ねください。

診療案内
  1. 予防歯科
  2. 訪問歯科
  3. 一般歯科
  4. 歯周病
  5. 矯正歯科
  6. 小児歯科
  7. ホワイトニング
  8. 審美歯科
  9. かみ合わせ
  10. 顎関節症

お知らせ


ホームページをリニューアルしました