お問い合わせ
診療案内
診療案内

痛くない治療

不安感や恐怖心を取り除き、痛みを感じにくくする治療

不安感や恐怖感を感じずに、痛みや不快感を抑えてリラックスして治療を受けていただくことができます

リラックスした治療

歯科治療を苦手に思われる方は少なくありません。治療のことを考えただけで不安でいっぱいになる、緊張してドキドキしてしまう、という方もいらっしゃることでしょう。歯医者が苦手な方にとって、歯科治療を受けるのは相当なストレスとなります。

そのため、治さなければならないと分かっているのに我慢をしている方や、どんどんお口がボロボロになってしまってお困りの方もいらっしゃると思います。もしくは、不安な気持ちが強いあまりに知覚が過敏になって、治療時の痛みを感じやすくなっている方や、歯科器具が入るとオエッとなってしまう方もいらっしゃいます。

そんな方のために、当院では不安感や恐怖心を取り除き、痛みを感じにくくする治療を取り入れています。歯科治療に不安がある方は是非ご相談ください。

静脈内鎮静法はこんな方におすすめです
  1. 歯科治療、手術に恐怖心をお持ちの方
  2. リラックスして楽に治療を受けたい方
  3. 一度にたくさんのインプラント治療をされる方
  4. 口の中に器具が入ると「オエッ」となってしまう方
  5. 持病が気がかりでインプラント治療はちょっと不安という方

麻酔専門の医師がつくので安心です

麻酔

当院では、治療を安全に、そして快適に受けて頂くために、常勤の歯科麻酔認定医(中間有限責任法人日本歯科麻酔学会)が静脈内鎮静法を担当し、インプラントの無痛治療に立ち会いますのでご安心ください。

また、施術時には、各患者様にあった形で安全に麻酔を投与しております。静脈内鎮静法を行う場合には、あらかじめ担当麻酔医から治療の流れや注意事項などをご説明いたします。

静脈内鎮静法の流れ

1.全身管理のモニター類の装着
患者様の全身状態を管理するための、血圧計・心電図・血液中の酸素を測定するクリップ等を装着します。
2.点滴注射
腕または手の血管に静脈内鎮静法のための点滴注射を行います。
3.鎮静剤の開始
点滴からお薬を流してリラックスした状態に調節します。
だんだん「ボーッとした気分」、「フワフワした気分」になってきます。場合によって寝てしまうことがあります(お薬の効き方には個人差があります)。
4.インプラント施術開始
インプラント施術を開始します。患者様はリラックスした状態で、無痛で治療を受けることができます。
5.点滴終了
手術が終了するころに目が覚めるように、お薬の投与を終了します。
お薬の効き方には個人差があり、手術中のことを断片的に覚えていたり、手術の最後のほうを覚えていたりする場合があります。
6.休憩
手術終了後、点滴を抜いて、体調や気分が回復するまでゆっくりと休憩して頂きます。
無痛治療から回復に至るまで、担当の麻酔医が常駐しておりますので、ご安心下さい。

※静脈内鎮静法を受けていただく場合、いくつかの注意事項があります。
※はじめに麻酔担当医から説明がありますので、お気軽にご相談ください。

静脈内鎮静法の注意点(リスク・副作用)

■お体の状態によっては受けられないことがあります

薬の成分にアレルギーがある場合、心臓や肝臓などに異常がある方、妊婦さん、授乳中の方、お子様には使用できないことがあります。

■術前の飲食はお控えください

万が一の嘔吐・誤嚥などに対し万全を期すため、治療直前の食事は控えていただきます。

■治療直後はふらつきや眠気が出ることがあります

麻酔終了後は、ふらつきや眠気が出ることがあるので、十分に回復するまで、専用のお部屋でゆっくり休憩していただきます。

■当日は車や自転車の運転はできません

麻酔終了後は、完全に意識が戻るまでに時間を要しますので、治療後は車や自転車の運転はできません。ご家族の方に送迎いただくか、公共の交通機関をご利用ください。

■当日は安静にしていただきます

麻酔した当日は激しい運動や飲酒はお控えください。

■保険適用外です

静脈内鎮静法は保険適用外となります。

お知らせ


ホームページをリニューアルしました