お問い合わせ
診療案内
診療案内

「痛くない」治療を実現する工夫

「痛くない」治療を実現する手段として様々な取り組みを行っています

通常の歯科治療時においても痛みをなるべく感じさせないような工夫を行っています

院内

当院では、患者様にストレスなく治療を受けていただけるよう、「痛くない」治療を実現する手段として、様々な取り組みを行っています。当院ではインプラント手術を多く行っていることから、施術中にリラックスしていただける静脈内鎮静法を積極的に取り入れておりますが、その他に、通常の歯科治療時においても痛みをなるべく感じさせないような工夫を行っています。

麻酔時の痛みを和らげる工夫

歯科治療時には麻酔を使うことが多いですが、麻酔自体が苦手、という方も少なくありません。そこで、麻酔自体の痛みをなるべく感じさせないよう、次のような工夫を行っています。

■表面麻酔の使用

歯茎に針が刺さる際のチクッとする感覚をなるべく感じないようにするため、注射の麻酔の前には表面に表面麻酔を施します。これによってかなり針の刺さる際の感覚を鈍らせることができます。

■極細針の使用

注射針は太いほど痛みを感じやすくなります。それゆえ、当院ではできる限り極細の注射針を使用しています。

■麻酔液を体温程度に温める

注射液と体温との差が大きいほど、痛みとして感じやすくなります。そのため、あらかじめ麻酔液を体温程度に温め、麻酔液が入ってきた際の痛みを起こさないようにします。

■麻酔液が入る圧力をかけない

麻酔液が勢いよく体内に入ると、圧力で痛みを感じてしまいます。そのため、時間をかけてゆっくりと麻酔液を注入することで、痛みを起こさないようにします。

■痛みのポイントを避けた麻酔注射

お口の粘膜には、痛みを感じやすいポイントとそうでないポイントがあります。麻酔注射を行う際には、歯科医師が痛みの出やすいポイントを避け、徐々に浸透させるなど、細心の注意を払って行います。

歯の治療時の痛みを起こさない工夫

基本的には麻酔が効けば治療時に痛みが起こることはありません。ですが、麻酔を使わないで済む程度の虫歯を治療する場合や、麻酔が効いている場合でも治療時の不快な感覚を起こさないよう、様々な工夫を行っています。

■削る際の不快感を抑える

歯科治療時の不快感を感じる原因として、キーンという音やガリガリという振動があります。当院では、歯を削る際に使用する機械として、なるべくそのような不快な音や振動を起こさないものを使用し、不快感を感じさせないようにします。

■歯科用レーザーの使用

当院には、各種歯科用レーザー機器を取り揃えております。歯科用レーザーを使用することにより、虫歯を痛みなく取り除くことができたり、歯茎のトラブルに対しても痛みを起こさずに対処したり、というようなことが可能です。

■マイクロスコープを使ったなるべく削らない治療

マイクロスコープ
当院ではマイクロスコープ(医療用顕微鏡)も取り入れております。マイクロスコープ を使用することにより、目視で治療をするのに比べ、歯の削除量をなるべく抑えることができ、痛みを抑えた治療につながります。また、大事な歯質を極力保存できるので、歯を長持ちさせることができます。

歯医者が苦手な方もお気軽にご相談ください

歯医者が苦手な方の多くは、過去に治療で痛い思いをした、という方が多いようです。確かに昔は「歯科治療は痛みが出て当然」「我慢しなければならない」というような考え方が一般的だったかもしれません。

ですが、現在では痛みを出さないで治療ができるシステムやテクニックが充実してきており、ほぼ無痛で治療を行うことも十分可能になってきています。もう今の歯科治療は「我慢しないといけないところ」ではないのです。

実際に、「歯医者が苦手で・・」と最初は不安だった患者様も、当院で治療を受けてあまりの痛みのなさにビックリされる方も多くいらっしゃいます。

歯科治療が苦手で必要な時に歯医者に行かないでいると、歯の状態は悪化して治療も困難になる一方です。そのため、当院では、患者様にできるだけストレスなく、気持ちよく治療を受けていただけるよう、まずはコミュニケーションを第一に、患者様のご要望をしっかりとお聞きした上で信頼関係を築き、安心して「痛くない」治療を受けていただきたいと思っております。

どうぞ、歯医者が苦手な方でもお気軽に、当院にご相談ください。

お知らせ


ホームページをリニューアルしました