インプラントの基礎知識

インプラント治療

インプラント(人工歯根)による治療

インプラント(人工歯根)による治療

歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。
歯を1本失った場合、インプラントでの治療を行わない対処として、両隣の健康な歯を削って人工の歯をかぶせます。
これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。奥に歯ガない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。削られた歯は痛みやすく、この歯がだめになってしまうと、さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。
歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなるというトラブルが発生し、何度も作り直す必要が出てきます。

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、今日行われているインプラント(人工義歯)療法です。この治療方法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、インプラントを通して力をかけることができますので、骨の変形も少なくなることが知られています。

現在では、インプラント治療の技術も進歩し、歯科治療では歯の欠損における有効で自然な治療法として確立されております。
具体的な症例はこちらでご確認できます。
また当院は専任の担当麻酔医によるインプラントの無痛治療も多く実績があり、患者様より感謝の声を頂いております。

インプラント治療と、従来の治療の比較

従来の治療法の場合

従来の治療法の場合
① この形のブリッジでは、周りの歯を大きく削らなければなりません。
② 奥歯を固定するために、金属の支えを使用する例。
違和感があり、清掃も難しく、見映えも良くありません。
③ 総入れ歯の場合、入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたりずれたりします。
そのため、食べ物を噛むために充分な力をかけることが出来ません。

インプラント治療の場合

インプラント治療の場合
① インプラントでは、両隣の歯はそのままで負担もかかりません。
② インプラントでは、失われた歯根部分の骨を支えにして人工の歯を固定します。
噛む力は天然の歯と同じように骨に伝わります。
③ インプラントでは、義歯はあごの骨に固定され、力を入れて噛むことができます。
食感も天然歯に近く、食べる楽しみを取り戻すことができます。
インプラント治療
インプラント治療の流れ
インプラント治療Q&A
インプラント治療の歴史
近代インプラント治療のルーツ
インプラントNEWS

著書紹介

^