当院のインプラント

無痛治療

静脈内鎮静法を導入したインプラント治療

静脈内鎮静法とは?

静脈内鎮静法とは、うたた寝をしているような状態、あるいは、ほろ酔い加減のような状態でリラックスして治療を受けることができる治療法です。
ストレスが無くなり、ほとんどの場合、いつの間にか手術が終わっていたという感じがすることから「無痛治療」とも呼ばれています。
全身麻酔のように完全に意識がなくなるわけではありませんが、手術中のことを覚えていないことが多いため「あっという間に手術が終わった。とても楽だった。」という患者様がほとんどで、「いつ手術が終わったのかわからなかった。」という患者様もいらっしゃいます。

静脈内鎮静法はこんな方におすすめです

● 手術に恐怖心をお持ちの方
● リラックスして楽に治療を受けたい方
● 一度にたくさんのインプラント治療をされる方
● 口の中に器具が入ると「オエッ」となってしまう方
● 持病が気がかりでインプラント治療はちょっと不安という方

治療風景

静脈内鎮静法の流れ

当院では、治療を快適に受けて頂くために常勤の歯科麻酔認定医(中間有限責任法人日本歯科麻酔学会)が静脈内鎮静法を担当し、インプラントの無痛治療を実現しています。
常勤の歯科麻酔認定医による安全な静脈内鎮静法を行っています。各患者様にあった形で麻酔を投与しております。事前に、担当麻酔医から無痛治療の説明や流れの説明をさせて頂きます。

1.モニター類(血圧計・心電図・血液中の酸素を測定するクリップ等)を装着します。
2.腕または手の血管に点滴をするための注射を行います。
3.点滴からお薬を流してリラックスした状態に調節します。
だんだん「ボーッとした気分」、「フワフワした気分」になってきます。
場合によって寝てしまうことがあります。(お薬の効き方には個人差があります。)
4.インプラント施術を開始します。患者様は無痛で治療を受けることができます。
実際の治療の流れについてはこちらをご確認下さい。
5.手術が終了するころに目が覚めるように、お薬の投与を終了します。
(お薬の効き方には個人差があり、手術中のことを断片的に覚えていたり、手術の最後のほうを覚えている場合があります。)
6.手術終了後、点滴を抜いて、体調や気分が回復するまで休憩して頂きます。
無痛治療から回復に至るまで、担当の麻酔医が常駐しておりますので、ご安心下さい。

※静脈内鎮静法を受けていただく場合、いくつかの注意事項があります。
※はじめに麻酔担当医から説明がありますので、お気軽にご相談ください。

万全の体制でインプラント治療を行います

CTスキャン
■オムロンコーリン生体情報モニタ
血圧・脈拍・心電図・動脈血酸素飽和度等を計測する機器です。安全で快適な手術をおこなうために全身状態を把握しながら手術を行います。
CTスキャン
■テルフュージョンRシリンジポンプ
静脈内鎮静法を行う際に麻酔薬を持続的に注入する機器です。この機器を使用することにより正確性と安全性を高めることができます。
CTスキャン
■AED(Automated External Defibrillator):自動体外式除細動器
AEDは心停止になり、ポンプ機能を果たさなくなった心臓に電気ショックを与え、正常な状態に戻す装置です。突然の心停止は、治療中はもちろん受付や待合室でも起こる可能性があり、そのような事態に対処するためAEDを設置しています。
ライオンインプラントとは
インプラントMOVIE
インプラント治療症例
医院選びの7つのポイント
無痛治療
光機能化インプラント
インプラント料金表
All-on-4(オールオンフォー)
インプラント革命

著書紹介

^