当院のインプラント

横浜市にお住まいでインプラントをご検討のみなさま

美味しく食べて楽しく笑う。

一見とても簡単なことのようです。しかし、こうした当たり前と思えることができずに悩んでいる方も多いのが現実です。

歯が悪いと、食べ物をきちんと噛むことができずに、何を食べてもおいしいと思えない。
歯並びが悪いので、口をあけて笑うことができない。
入れ歯が合わずに口を動かすといつも痛い。

このようなお悩みで、いつも憂鬱な思いをしていらっしゃる方も多いでしょう。また、歯が抜けた状態で放置してしまったという方もいるかもしれません。日ごろの忙しさに振り回されて歯科治療を後回しにしている人も多いと聞きます。

しかし、歯を治療したことで、さまざまなことが楽しくなったという方はとても多くいらっしゃいます。とりわけ、欠損歯などにはインプラント治療が最適とされており、ブリッジや入れ歯などとは異なり悪い歯だけを治療することが可能です。高度な治療法ゆえに保険適用とはならず自費診療とはなってしまいますが、インプラント治療をなさった患者様は、皆さん大変満足しておいでです。当院ではそうした患者様から高い評判を得ています。

歯はもちろん身体の一部です。しかし、身体の一部でありながら、歯が悪くなっても意外に放っておいてしまうという方も少なくありません。

例えば、何らかの事情で歯が抜けた場合を考えてみましょう。歯を抜けたままにしておくことで、さまざまなことに影響を及ぼします。例えば、噛み合わせが悪くなったり、抜けている部分の両側に過度の負担がかかったりということが挙げられます。また、よく噛まずに食べることになるため、胃腸が悪くなることもあります。

外見的に見ても、歯が抜けているという状態はけっして見栄えの良いものではありません。歯が抜けた状態を放置しておくことにより、口を大きく開けて笑えなくなったり人と話すのが苦手になったりという人も少なくないのです。

歯が悪いから治療する。?-簡単そうで意外に軽視してしまいそうな問題でもあります。また、身体上の問題ではあるものの、実質的にはさまざまなことに影響を及ぼします。
そして、歯を治療するということで、さまざまなことが良い方向に向かうという話もよく伺います。

人は話をするとき、当然ですが口を開けます。身体の内部にありながら、最も人目に触れるのが実は「歯」なのです。歯はあなたの内面を映し出す鏡かもしれません。横浜市にお住まいで、歯に関して、お悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。

著書紹介

^