ザイゴマインプラント(Zygoma implant)

骨が極度に吸収してオールオン4ができない方へ…

インプラントを埋めるには骨が必要です。骨が足りない場合にインプラントを行えるようにする技術はいくつか存在し、その中でもオールオン4は骨を造成する手術を必要としない画期的なインプラント治療法ですが、骨が極端にない場合には不可能なケースがあります。

そのようなケースでも対応できるように開発されたのが、ザイゴマインプラントです。

ザイゴマインプラントとは

ザイゴマインプラント

あごの骨ではなく、頬骨を利用したインプラントです

ザイゴマインプラントとは、通常のインプラントのようにあごの骨ではなく、頬骨(Zygomatic bone)にインプラントを埋め込むものをいいます。

オールオン4の場合には、あごの骨の骨が豊富な部分を選んでインプラントを埋め込み、手術した即日に固定の歯が入ります。ザイゴマインプラントでは、そのような骨がない場合に、頬骨にインプラントを埋め込み、オールオン4同様、即日に歯を入れて見た目、かむ機能の回復をすることができます。

頬骨にインプラントというと「大丈夫だろうか?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、頬骨には非常に硬い骨があり、インプラントの固定源としては理想的な場所だとされています。

その部分に通常のインプラントよりも長いインプラントをしっかりと埋め込むことで、強い安定が得られるインプラントとなります。

骨がなくても骨移植がいらず、治療回数、期間を減らせる

時計

ザイゴマインプラントでは、しっかりとした頬骨に長いインプラントを入れ、確実な固定が得られるので、従来のような大掛かりな骨移植をした上でインプラントを行う、というような必要性がありません。
骨移植を行う場合、骨がしっかりと定着するのを待たなければならないので、インプラントを行うまでに6ヶ月ほど待たなければならず、その後にインプラントを埋めてさらに数ヶ月待つ、というように非常に長い期間を要していました。また、手術回数も増えるので、体の負担もそれだけかかってしまっていました。
ですが、ザイゴマインプラントなら、そのような骨移植の負担を避け、短期間で固定式の歯を入れることができます。

ザイゴマインプラントは次のような方におすすめしています

上あごの骨の状態が良くなく、オールオン4が不可能な方

レントゲン写真

歯周病や虫歯などで歯を失い、骨が極端にやせてしまって、オールオン4ができないほど骨の量が少ない方。

骨移植手術を避けて早く歯を入れたい方

インプラントを行うにあたって骨移植などの骨造成手術を避け、できるだけ早く固定式の歯を入れたい方。

悪性腫瘍などが原因であごの骨を失った方

悪性腫瘍などにより、あごの骨を切除されてインプラントを行う骨が全くなくなってしまっている方。

先天的にあごの骨が欠損している方

口蓋裂(こうがいれつ)、顎裂(がくれつ)のような先天的なあごの骨の欠損がある方。

ザイゴマインプラントは高度な技術を必要とします

充実した設備、経験豊富な歯科医師による施術

手術を行う歯科医師

ザイゴマインプラントは、頬骨という特殊な場所に長いインプラントを正確な位置・角度に埋め込む必要のある治療です。そのため、施術を行うにあたって非常に高度な技術、設備の充実が求められます。

そのためザイゴマインプラントを行っている歯科医院はまだ少数なのが現状ですが、当院ではザイゴマインプラントを行うための設備を備え、各種インプラント手術において経験豊富な歯科医師が施術に当たりますので、ぜひ安心してご来院ください。

ライオンインプラントとは
インプラントMOVIE
インプラント治療症例
医院選びの7つのポイント
無痛治療
光機能化インプラント
インプラント料金表
All-on-4(オールオンフォー)
インプラント革命
ザイゴマインプラント(Zygoma implant)

著書紹介

^