予防歯科

定期的なクリーニングの必要性

お口の中は24時間湿っていて、私たちは食事を1日も欠かさず摂るため、細菌の数は0にはなりません。(グラム陰性菌)歯周ポケット内の歯周病原菌は、クリーニングしたあと、12~16週でもとの状態に戻る傾向があります。

Q.ではどうすればよいか?

細菌が増え、歯周病になり始める3~4ヶ月に1度の継続的なクリーニングが必要です。

歯周病も虫歯と同様に、そのかかり易さは、人によって違います。遺伝的素因や食生活、喫煙習慣、糖尿病・高血圧をはじめとする全身疾患など多くのリスクファクターがありますが、プラークコントロールによって歯周病原菌の増殖を身体が許容できる程度にすることが大事です。

プロフェッショナルケアについて

虫歯や歯周病は細菌によって起こる感染症です。その細菌を口の中から無くせば、ほとんどの歯の病気は防げるということです。しかしその事をほとんど無視して単に詰める、被せるだけの処置を日本の保険制度に基づき行っていました。
プロフェッショナルケアは専門家(歯科衛生士)によるお口の中の細菌バリア被膜除去の事です。
これにより歯磨きでは取れない歯にこびれついた悪い菌を徹底的にこすり落とします。
プロフェッショナルケアは予防効果が高いだけでなく、あまり痛くなく、歯がツルツルになりとても気持ちの良い美容院感覚の処置です。

虫歯・歯周病の予防をするためにはプロフェッショナルケアのメンテナンスは重要です。
大きく分けると次のようになります。

予防歯科とは
歯周病の原因
歯周病の進行
バイオフィルムの違い
定期的なクリーニングの必要性
他国との比較
唾液検査
歯周病自己チェック

著書紹介

^